借入額は1社目が一番大きい

カードローンというのは、1社目の借入が一番高額融資に対応してくれるものです。1社目が50万円で、2社目が100万円というのは通常ありえません。1社目が100万円ならば、2社目は30万円や50万円と少なくなるのです。

 

実際には、1社目で総量規制における範囲ギリギリの借り入れを受けて、2社目は非常に少なくなるのが一般的です。年収300万円の方が1社目で80万円の融資を受けたら、2社目は20万円という感じになります。

 

総量規制の範囲を超えて融資することは、消費者金融や信販会社の場合はできません。そのため、総量規制の範囲に達している方は、銀行、信用金庫などで借りる必要があります。融資希望額というのは、あくまで利用者側が希望する金額であり、これがそのまま通るとは限りません。

 

100万円を希望しても30万円しか借りられない、なんてことは多々あることです。

 

それとは逆に、必要額が30万円という方であれば、業者側が50万円まで利用枠を提示してきたとしても、30万円にしておくのがいいでしょう。限度枠は満額まで使い切ってしまう可能性が高いと考えて契約するのが無難です。大きな限度枠を設定するほど、使いすぎてしまうリスクが大きくなります。
大きな借り入れに向くのが主婦対応のイオン銀行カードローンの利用です。